基礎英文解釈の技術100でどの大学まで対応できる?

大学受験

こんにちは。chanです。

基礎英文解釈の技術100』というテキストを聞いたことがありますか。かなり有名な参考書なので、精読の練習のために買おうと思っている方も多いと思います。

実際、テキストで精読の勉強をする受験生の多くが使っています。

ですが、この『英文解釈の技術』シリーズは以下の3冊あるのです。

  • 入門英文解釈の技術70
  • 基礎英文解釈の技術100
  • 英文解釈の技術100

どれを使えば、どの大学のレベルに対応できるかというのは気になるのではないでしょうか。

そこで、この記事では『基礎英文解釈の技術100』でどの大学のレベルの文章に対応できるのか。そして、『英文解釈の技術100』に進むべきなのか、『入門英文解釈の70』ではダメなのかということも併せてお伝えしていきます。

塾講師として働いている経験から、具体例を交えてお伝えしていきます。

MARCHに対応できるか

結論から言うと、MARCHレベルには対応できます!

この『基礎英文解釈の技術100』の例題と演習問題の構造把握(SVOCを振ったり、[]でくくったり)をしっかりできれば、MARCHレベルの文章の構造把握は十分できます。ただし、構造把握ができても、語彙力が無いと意味は取れないです。

実例を出してもう少し詳しく紹介します。

自分が見てきたMARCHを志望していて、実際にMARCHに合格した生徒は『基礎英文解釈の技術100』しかやっていません。この問題集に出てくる文章を精読できていれば、一文が長い文章だとしても訳ができるようになっていました。さらに、英文和訳が出題される国立大学に合格した生徒も問題集しか使っていません。

このように、この問題集をしっかりこなすことができれば、MARCHレベルの文章には対応できます。

英文解釈の技術100もやるべき?

『基礎英文解釈の技術100』を終えたら、『英文解釈の技術100』もやるべき?

この質問はよくされるのですが、MARCHレベルを目指す上では、やる必要は無いです。早慶レベルも目指したいという方はやってみてもいいかもしれません。

『基礎英文解釈の技術100』と比べ、『英文解釈の技術100』は難易度がかなり上がります。そのため、MARCHレベルを目指すうえではオーバーワークになる可能性が高いです。何度も言いますが、『基礎英文解釈の技術100』をしっかりできればMARCHレベルには対応できます。

この問題集を終えてからも、MARCHレベルの長文に対応できないという場合もあるかもしれません。しかし、そのような場合は精読力よりも語彙力や読解力が不足していることが多いです。

つまり、英文解釈以外にやるべきことがあるのです。

センター形式の問題演習や日東駒専レベルの問題演習などに力を入れていく方がMARCHの文章問題に対応できるようになる近道です。

まとめると、無理に『英文解釈の技術100』に進む必要は無いということです。

入門英文解釈70では対応できないのか?

入門英文解釈の技術70』で対応できるかというと「対応できます
ですが、『基礎英文解釈の技術100』レベルはできた方が安心です。

実際、『入門英文解釈の技術70』の問題の構造把握(SV振り・[]でくくる)と和訳をしっかりできれば、ある程度精読力は身に着くのです。

ただ、センター形式で7割取れないような生徒でも、訳は何となくできるという場合が多いです。(構造把握までしっかりこなすにはある程度力が必要です)そのため、訳だけで満足するのではなく、構造把握をしっかりできているかどうかを強く意識してください。

こうした点から語彙力や文法・語法のレベルが高い状態であれば、このテキストだけで英文解釈の勉強を終えても構いません。もし余裕がありそうなら『基礎英文解釈の技術100』も進めてみるといいでしょう。

まとめ

  • MARCHレベルに合格するには『基礎英文解釈の技術100』で十分。
  • 『英文解釈の技術100』は難しいため、やらなくてもいい。
  • 『入門英文解釈の技術70』でも対応はできる。丁寧にやることを意識すること。

解釈の勉強をしてからは、英文和訳の問題や、少し一分の長い文章でも意味を取ることが確実にできるようになります。丁寧に解くことを意識して、勉強を進めていけばMARCHレベル合格に近づくこと間違いなしです。

タイトルとURLをコピーしました