就活をすぐ終わらせるために意識すべきことはたった1つ

大学生活

こんにちは。chanです。

就活すぐ終わらせたいな…

すぐに決まる人って何をしてたんだろう

今回はこのような悩みにお答えしていきます。

僕も大学3年生のうちに就活を終えている先輩や、大学4年の夏まで就活をやっている先輩などを見てきて、ものすごい不安だったことを覚えています。

しかし、実際に就活を始めてみたら特別なスキルもないような僕でも大学3年の11月には内定をもらうことができました。

今回の記事では、僕自身の経験をもとに「就活を早く終わらせる方法」について説明していきます。

就活をすぐに終えるために意識したこと

一言でいうと、求められるところに行くことです。

どういうことか具体的に説明していきます。

就活生の中には、大きく分けて2パターンいると思います。

子供の頃からの夢だった航空業界で働きたい!

特にこだわりはない…とりあえず就職はしたい

前者のパターンの人は、そもそも就活をすぐに終えようとしなくて良いと思います。自分の夢を叶えることを実現させるべきです。

中途半端に決めると後悔してしまいます。

一方で、後者のパターンの人は考えて動けばすぐに就活を終わらせることができます。

なぜなら、特にこだわりが無いからです。

ポイントは行きたいところに応募するのではなく、自分のことを採用してくれそうな企業に応募することです。

  • 不動産
  • 消費財メーカー
  • 銀行
  • IT
  • 人材

以上は僕が選考に応募した企業の業界ですが、バラバラですよね(笑)

バラバラに見えるのですが、実は企業側が求めている人物像と僕自身の特性がマッチしていそうな企業しか受けていません。

同じ業界だとしても、求める人物像は企業によって全然違いますからね。逆に、全く関係ない業界でも、似たような人材を求めることもあります。

このように、僕は企業と自分のマッチングを最も強く意識していました。このおかげで苦労せずに進めて、早く就活を終えることができました。

僕が早く就活を終えられた理由の一つに「動き出しの早さ」もあるのですが、動き出しが早かったとしても、自分に合っていない企業にばかり応募してもなかなか合格できません。

むしろ、早く始めているのになかなか内定をもらえないという辛い思いをする可能性もあります。

そのため、自分を求めている企業を探すという意識は、就活をすぐに終わらせるために重要です。

自分に合いそうな企業を探す方法

自分を採用してくれる企業ってどうやって探すんだ…

これが難しいところですよね。

ただ、注意すべき点は最初から企業を見ないことです。

  1. 自己分析をする
    ⇒自分の特性を知る
  2. 企業分析をする
    ⇒ニーズを知る
  3. 自分に合いそうな企業に応募

この3ステップで進めていきましょう。

そして、この3つの中で最も大切なのは自己分析です。

なぜなら、企業側のニーズ(求める人材)に間違いはないですが、自己分析は間違える可能性があるからです。

自分の特性を見誤ると、自分の特性と合っていない企業に申し込むことになります。そうなると、マッチングが成立せず選考を通過できません。

自分を見誤らないための自己分析の方法を以下の記事で詳しく解説しています。正しく自分を知るために参考にしてください。

自己分析をして、自分の特性がハッキリしたら、次に企業分析をしていきます。

特に以下の2点が大切だと思います。

  • 求める人物像
  • 働き方
    ⇒ガッツリorまったり
    ⇒実力主義or年功序列

求める人物像に関しては、会社の採用ホームページなどに載っていると思います。自己分析で把握した自分の特性と合っているのか確認していきましょう。

次に働き方に関してですが、ホームページから情報を得るのはなかなか難しいかもしれません。

その場合は、会社説明会や企業のクチコミサイト(OpenWorkなど)を参考にしてみると良いと思います。ある程度雰囲気をつかめるはずです。

働き方に関してはエントリーシート提出の時点では、ざっくり雰囲気をつかむ程度で問題ないです。

このステップで企業分析をしたら、自分に合った企業を見つけられるはずです。

自分に合った企業に応募していくことで、マッチングしやすくなります。つまりは選考に通過しやすくなります。

まとめ

  • 求められている企業に行くこと
  • 自分が行きたいところではなく、自分に合いそうなところ
  • 自分に合う企業を探す手順
    ⇒自己分析
    ⇒企業分析
    ⇒自分に合った企業に応募

就活は結局のところマッチングなので、合う、合わないがあります。

自分に合っていない企業に対して無理に合わせようとしても、面接で深堀されるとバレてしまうものです。

合う企業を中心に受けることが、すぐに就活を終わらせることへの近道です。

タイトルとURLをコピーしました