【基礎英文解釈の技術100】CDの効果的な使い方を知らないと損します

大学受験

こんにちは。chanです。

解釈の本なのに何でCDついてるんだろ

音読すると良いって聞くけど、どうやればいいのかわからない

こんな疑問を持ったことは無いでしょうか。

僕が受験生だったころは、周りの友人にはCDを捨ててるなんて人もいました。

塾講師として教え始めてからも、生徒にCD捨てた宣言を食らうことが1度ありました。

そこで、この記事では、『基礎英文解釈の技術100』の効果的なCDの使い方を紹介します。

※ちなみに、同じシリーズの『入門英文解釈の技術70』『英文解釈の技術100』でもこのCDの使い方は同じです。

この記事を見れば、

  • 英語長文の読解スピードが上がる
  • リスニングでの聞き取りの精度が上がる

こんな効果を期待できます。

CDを正しく使わないなんて本当にもったいないので、ここでぜひ正しい使い方を知っていただければと思います。

CDの効果的な使い方を知らないと損

『基礎英文解釈の技術100』にはCDがついています。

このCDですが、あなたは効果的に使えているでしょうか。

CDはかさばるから捨てちゃったな~

CDがあるのは知ってるけど、使い方わからないから封したままだな~

こんな方はハッキリ言うと損します。

なぜかというと、

「丁寧に構造把握した文章を音読することで、読解スピードが上がる」

からです。

さらに、読解スピードだけでなく、音読することで「リスニング力アップ」も期待できます。

CDを使った音読にはこんなにもメリットがあるのに、CDを使わないのはもったいないですよね。

実際、これは僕の受験時代の例ですが、

音読を始める前:リスニングの点数=25点くらい
音読を始めた後:リスニングの点数=40~45点くらい

これはかなり大きな変化でした。

ここまで「CDを使わないと損」という話をしてきましたが、次から具体的な使い方に話を移していきます。

CDを使った具体的な勉強手順

  1. 英文の構造把握をする(SVを振るなど)
  2. 英文の和訳をする
  3. リスニング(CDで正しい音を聞く)
  4. サイレントトランスレーション(音を聞きながら、頭の中で和訳する)
  5. リピーティング(CDに合わせて発音しつつ、頭の中で和訳する)
  6. シャドーイング(CDの音声より少し遅れて、発音する&頭の中で和訳)

1と2は通常の解釈本の使い方ですが、3~6までやることで圧倒的に質の高い勉強ができます。

3~6の注意点をもう少し細かく説明していきます。

リスニング

ここで注意して聞いておかないと、間違った音で発音を続けてしまいます。

それでは、リスニング力が上がるどころか下がってしまいます。

自己流の発音を正すように、正しい英語の発音を丁寧に聞き取りましょう。

目安は3~5回程度繰り返し聞くことです。

サイレントトランスレーション

文字通り「黙って翻訳」ということです。

発音はしなくていいので、以下の2つのことを意識してください。

  1. 正しい音を聞く
  2. 流れてくる英文のスピードに合わせて、頭の中で和訳

特に2に注意しましょう。

あまりについていけないと思ったら、1文1文区切りながらでも大丈夫です。

ここで、流れてくるスピードに合わせて訳を考えることが、「英語を英語のまま」捉える感覚につながっていきます。

「頭の中で和訳」とずっと書いてきましたが、実際は「意味を考える」の方が近いですね。

よくある例ですが、

I like soccer. (私はサッカーが好きです)

この文章があるときに、日本語の訳で考えると
I(私は)⇒soccer(サッカーが)⇒like(好きです)の順番で考えると思います。

しかし、CDの音声に合わせて意味を考えるときには

I(私は)⇒like(好き)⇒soccer(サッカーが)

というように書いてある順番のまま意味を捉えないとスピードについていけなくなります。

この流れが大事なんです。

この感覚が身につくと、「英語を英語のまま捉える」感覚が身につくことになります。

つまりは、読解スピードが格段に早くなります。

このように「CDのスピードに合わせて、意味を捉える」過程は成績アップのためにとても重要なので、惰性でCDを流さないようにしましょう。

リピーティング

意識すべきことは、以下の2つです。

  1. 流れてくる英文のスピードに合わせて、頭の中で和訳
  2. どこで自分がつまずくのかを把握する

1に関しては先ほど紹介したので、2について補足していきます。

CDの音に合わせて発音&頭の中で意味を捉える作業をしていると、スムーズにCDの音についていけなくなる部分が出てくると思います。

ついていけなくなる部分が出てきたら、その箇所をくり返し再生してスムーズについていけるようにします。

そうすることで、多少文構造が複雑な文でもスムーズに読めるようになり、結果的に読解スピードアップにつながります。

シャドーイング

結構大変なんですけど、リスニング力の向上にかなり役に立ちます。

CDで流れてくる英文を聞き取れていないと、遅れて発音することができないんです。

最初のうちは1文1文区切りながらでも、全然大丈夫です。

『基礎英文解釈の技術100』には例文と演習問題がついていますが、各問題でこれまで紹介した手順で音読できれば、確実に力になりますよ。

まとめ

  • CDの効果的な使い方を知らないと損
    CDを正しく使えば、「読解スピードアップ」「リスニング力アップ」
  • CDを使った具体的な勉強手順
    英文の構造把握をする(SVを振るなど)
    英文の和訳をする
    リスニング(CDで正しい音を聞く)
    サイレントトランスレーション(音を聞きながら、頭の中で和訳する)
    リピーティング(CDに合わせて発音しつつ、頭の中で和訳する)
    シャドーイング(CDの音声より少し遅れて、発音する&頭の中で和訳)
タイトルとURLをコピーしました